目の下のクマが消えない・・・。一体どうして?

目の下にクマが出来てしまうと、相手にいい印象を与える事ができないですよね。

やたら不健康に見えたり、歳よりも老いて見えたりと良い事がありません。

 

クマを解消する為に、睡眠を十分取ってみたり、血行をよくする為に半身浴をしてみたりと色々試しているのにクマが消えないと言う人は意外と多いみたいですよ。

 

なぜ、色々試してもクマが消えないのでしょう。

それは、対処方法が間違っているのかも知れませんよ。

 

クマと聞いて一番初めに思い浮かぶのは、寝不足ではないでしょうか?
寝不足で出来るクマは、一般的に青クマと呼ばれています。

 

血行が悪くなる事で静脈に血が留まってしまい、それが薄い目の下の皮膚から浮かび上がってしまっている状態です。

青クマであれば、たしかに睡眠不足などの生活習慣を改善したり、目元マッサージなどを行って血行を良くすることで改善する事が出来ます。

でも、クマは青クマだけではないんですよ。

 

クマには青クマの他にも、色素沈着いわゆるシミやくすみが原因である茶クマや、加齢に寄る皮膚痩せや皮膚のたるみによって目の下に影が出来てしまう黒クマがあります。

茶クマや黒クマなのに血行促進や睡眠不足解消を行っても、効果はありませんよね。

根本的に、対策が間違っている事になります。

 

茶クマの場合だと、シミやくすみがクマの原因となるので美白成分の配合された化粧品でケアしてあげる必要があります。

また、シミやくすみを解消する為に、新陳代謝を促進する成分が入っている事も大切です。

 

新陳代謝を促進する成分が入っていないとシミやくすみが排出し難いので、なかなかクマが消えてくれません。

黒クマの場合は、皮膚のたるみによる影なので根本的に違っていますよね。

黒クマの場合は、皮膚のたるみを解消したり加齢によって窪んでしまった目の下をどうにかしたりする必要があります。

また、加齢によって皮膚が痩せ薄くなり、影が出てしまっている事もあります。

 

自宅ケアだけで対処できない場合もありますが、目の下の皮膚にハリと潤いを与える事で解消する場合もあります。

目の下の皮膚にハリと潤いを与えれば、皮膚がふっくらして影が薄くなります。

 

そのためには、コラーゲンなどの保湿成分が入った美容液などを使って、目の下の皮膚をケアしてあげる事が大切ですね。

自分のクマの種類・特徴をキチンと掴んでいなければ対処が間違ってしまったりします。

クマを解消したい時は、種類を特定し種類にあった対処をして下さいね。

 

コメントは受け付けていません。