目の下のクマをレーザーで消える理由とは?

目の下にくまが出来てしまうと一気に疲れた印象や、老けた印象を与えてしまいます。

色々なケアを試したけれど、なかなか改善されないという場合は医療機関の治療を検討してみましょう。

目の下にできるくまと一言でいっても種類は様々です。

 

中にはマッサージなど自己流のケアでは、なかなか改善が難しいタイプのくまもあります。

色素沈着が原因で起こる茶クマと、皮膚のたるみで起こる黒クマです。

 

茶クマは目元を擦るクセがあったり、アイメイクなどがしっかりクレンジングされなかった事で、メラニン色素が沈着して起こります。

茶クマという名前のとおり、目の周りが茶色く色素沈着するのが特徴です。

 

黒クマは目の下の皮膚が老化でたるみ起こるくまです。

年齢を重ねると肌がたるんでしまいますが、特に目の周りの皮膚は薄い事もあり、たるみが起こりやすくなっています。

 

目の下の皮膚がたるむと、その下が影になり結果、黒っぽいくまのように見えるのです。

茶クマ・黒クマは予防することは出来ても、自己流のケアで治すのは難しいと言われています。

 

ですが、美容皮膚科など美容系のクリニックで受けられる治療であれば、茶クマ・黒クマ両方を改善する事が可能です。

美容系クリニックでは茶クマと黒クマを改善する際は、レーザー治療を行うのが一般的です。

 

茶クマの場合、色素沈着の原因となるメラニン色素を破壊する作用のあるレーザーを、皮膚に照射する治療を行います。

熱によってメラニン色素を破壊し、色素沈着を薄くしていくのです。

 

皮膚のたるみによる黒クマは、肌を引き締める作用やコラーゲンの生成をアップする効果のあるレーザーで、治療を行うクリニックが多いようです。

たるみは、肌の奥にある真皮層という部分にある、コラーゲンの生成量不足で起こります。

 

コラーゲンの生成量が加齢などによって少なくなると、肌のハリ感や弾力間が失われてしまい肌がたるんでしまうのです。

レーザー治療を受ける事で肌を収縮し、たるみを解消する他、熱によって繊維芽細胞というコラーゲンを作り出す細胞の働きを活性化し、コラーゲンの生成量を増やす事によって肌のハリ感・弾力感をアップします。

 

コラーゲンが増えれば当然、たるみも目立たなくなるため結果、黒クマを解消する効果が期待出来るのです。

美容医療と聞くと注射など治療に痛みがあるのではと不安になりますが、レーザーでの治療ではほとんど痛みを感じる事はありません。

ダウンタイムも気にする必要が無いので、施術を受けやすいと言えるでしょう。

 

コメントは受け付けていません。