目の下のクマをマッサージでケア!でも、注意点も。

目の下にクマが出来てしまうと、印象が悪くなるので嫌ですよね。

目の下のクマを解消する為には、どんな方法があるでしょうか。

 

クマを解消する方法は色々あります。

睡眠を改善したり生活習慣を改善したり。

美白成分の入ったコスメを使って改善する事もできます。

 

目の下のクマを改善する方法に、マッサージと言う方法もあります。

たとえば、血行不良によるクマである青クマにも効果がありそうですよね。

 

ただ刺激や摩擦は色素沈着の原因になり得るので、色素沈着が原因である茶クマは逆効果になってしまう場合もあります。

注意して下さいね。

 

さて、目の周りをマッサージする場合には、いくつかポイントがあるので抑えておいて下さいね。

目元マッサージを行う場合は、マッサージ専用のクリームなどを使って下さいね。

 

目の周りの皮膚はとても薄くデリケートなので、摩擦に弱いんですね。

だから、クリームで滑りを良くしてマッサージして下さいね。

 

マッサージのやりすぎにも注意ですよ。

 

目のクマの為のマッサージと捉えるよりも、顔全体の血流をよくする為のマッサージと考えた方が良いそうですよ。

マッサージの方法もいくつかあるので、自分に合ったマッサージを試して見てくださいね。

 

まずは、お手軽な方法からご紹介します。

マッサージには、両手の薬指を使います。

 

【その1】
下まぶたの目尻から始まって、目頭へ向かい、上まぶたの目尻に進みます。

ゆっくり優しく、まぶたの縁を一周します。

これを、2、3回繰り返してください。

 

【その2】
次は老廃物をリンパの流れに乗せるマッサージです。

目尻へのラインに沿って、ゆっくり移動します。

こめかみ辺りに来たら、指を下へ動かし、リンパの流れに老廃物を乗せます。

 

【その3】
次も、老廃物をリンパの流れに乗せるマッサージです。

下まぶたの目尻から始まります。

目頭の方へ指を動かします。

鼻筋に沿って上に上がります。

上まぶたは目頭から始まり、目尻へ向かって指を動かします。

こうして、内から外へ老廃物を移動させます。

 

【その4】
一連の流れを繋げたマッサージです。

両手の人差し指、中指、薬指をおでこの真ん中にあて、少し力を加えながらこめかみまで移動します。

中指の腹を目尻に当て、目の下の骨をなぞる様に目頭まで移動します。

そして、目の上の骨に沿って目尻へ向かいます。

両肘と肩を平行に張って、中指と薬指の腹を目の下に当てます。

目頭から目尻を通りこめかみへ力を加えながら移動します。

 

これを、3~5回程度、自分のペースにあわせて行って下さい。

 

 

コメントは受け付けていません。