目の下のクマをメイクで隠す!種類によってコンシーラーを使い分け!

目の下にクマが出来てしまったら、人に会いたくなくなりますよね。

かなり印象が悪くなってしまいますし。

 

クマを解消する為には、生活習慣を改善したりスキンケアに気をつけたりしなきゃいけません。

すぐに消す方法はないですよね。

 

とりあえず、
「クマが消えるまでどうにかメイクで誤魔化せないかな」。

そう思いますよね。

 

クマの種類別に、メイクでクマを消す方法を紹介しますね。

 

まずは、青クマから。

青クマは血行が悪かったりする時に現れます。

目の下の薄い皮膚に、毛細血管の静脈が浮かんでしまう事が原因です。

 

そんな青クマを目立ち難くさせるのは、オレンジ系のコンシーラーです。

コンシーラーを選ぶ時は自分の肌色に合うオレンジ系コンシーラーを探してくださいね。

自分に合う色が見つからなかった場合は、自分の肌より明るいものは選ばない様にして下さい。

明るすぎるコンシーラーを使うと、その部分だけ色が薄くなって逆に目だってしまう事があるそうですよ。

 

茶クマも青クマと似たようにメイクします。

茶クマの場合は、イエロー系のコンシーラーをおすすめしますね。

茶クマを隠す場合も自分に合う色がない場合は、明るすぎる色の物は選ばない様に気をつけて下さいね。

目の下は皮膚が薄いので、コンシーラーはさわり心地のソフトなリキッドタイプや筆ペンタイプをおすすめします。

また、メイク前に蒸しタオルで目を覆って目の周りの血行を良くすると良いそうですよ。

 

黒クマは、皮膚のたるみなどで目の下に影が出来てしまうクマです。

皮膚の色が変わってクマになっている訳ではないので、コンシーラーで上手く隠す事が難しいかもしれません。

まだ黒クマが薄い状態だったならば、パール感のあるコンシーラーを使いハリ感を出すと良いですよ。

他にも、ベージュ系、オークル系のコンシーラーを使う方法もあるそうです。

 

濃くなってしまった黒クマは、クマを隠すのではなく視線誘導で目立たなくさせましょう。

アイラインをしっかり引いたり、アイシャドウやリップを明るい色にすることで、クマ以外の部位に視線を誘導するのです。

ただ、やりすぎるとケバくなってしまうので、濃くする箇所は1,2箇所にしましょうね。

 

コンシーラーを使う時は、メイクする順番に気を付けて下さいね。

パウダーファンデーションを使う場合は、ファンデーションの前に今シーらを使います。

リキッドファンデーションの場合は、ファンデーションの後にコンシーラーを使って下さい。

メイクでクマを誤魔化している間に、クマを解消してしまいましょう。

 

コメントは受け付けていません。