皮膚が痩せると目の下にクマができる?!ケアのポイントはコラーゲン!

目の下のクマの原因の一つに、皮膚痩せがあります。

皮膚が痩せるとはどう言うことでしょうか?

 

お肌は、一番外側の表皮、その下に真皮、一番下に皮下組織と言う3層で出来ています。

皮下組織で誕生したお肌細胞は成長しながら真皮、表皮へと上がっていきます。

最後に角質となり、役割を終えると老廃物として排出されます。

 

この3層の中でも真皮層は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸で形成されていて、この層がお肌のハリを作っています。

中でもコラーゲンは、真皮の7割を締めているといわれています。

 

コラーゲンは、潤いを保持したり皮膚細胞の成長に必要な栄養素を貯えたりします。

また、お肌の細胞同士を支えているのもコラーゲンだったりします。

でも、このコラーゲンは加齢と共に減少してしまうのです。

 

ピークは20代で、その後はドンドン減少します。

コラーゲンを失った肌はどうなるのか。

お肌を支える弾力をキープする事が出来なくなってきます。

ハリが失われるのですね。

 

また、水分を貯える能力も減少して行き潤いが失われます。

ハリもなく潤いを失った真皮層は、痩せて薄くなってしまうんです。

真皮層が薄くなると、その下にある皮下組織が透けて見えるようになります。

 

これが、クマの原因の一つなんです。

 

コラーゲンが現象するとクマの原因以外にも、色々なお肌トラブルに結びつきます。

潤いが失われるので、お肌が乾燥します。

 

お肌が乾燥すると、お肌のバリア機能は低下し外部刺激に弱くなります。

また、皮膚を支える力が無くなり潤いも無くなるので、ハリがなく弾力のないお肌になってしまいます。

シワとたるみが増えてしまうのですね。

 

「コラーゲンが無くなるのなら、足せばいいじゃない。」と思いますよね。

 

私達は普段から、コラーゲンがたっぷり入った化粧品のCMをよく目にしています。

でも、スキンケア製品をお肌に塗ったからって化粧品のコラーゲンは真皮層までは浸透しないんですよ。

スキンケア製品がコラーゲンを配合しているのは、その優れた保湿力を買っているからです。

 

真皮層へコラーゲンを届ける為ではないのですね。

コラーゲンは、外から追加するのではなく内側からふやす必要があるんです。

 
スキンケアでは、コラーゲンの生成を手助けしてくれる化粧品を選ぶのがおすすめです。

目の下のクマのケアに特化した「アイキララ」のような消費んを選ぶようにしてくださいね。
参考【https://www.アイキララの効果がすごい.com/

コラーゲンを増やす為には、食事やサプリメントを使って摂取する事が有効だそうですよ。

あまり即効性はないですが、減少し続けるコラーゲンを増やす為にはこの手段しかありません。

加齢でコラーゲンが減少する事は避けて通れない事なんですね。

サプリメントや食事などで、なんとかコラーゲンを補充したいですよね。

 

コメントは受け付けていません。